直助の日常

もう片方の日常について
<< 近頃の思うのは | main | 銀塩時代の憂鬱 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
なぜ、皆物分りがいいのか
 土曜日、NHKテレビで[どうなる 日本]みたいな題目で番組を放送していた。ちょっと見ていたのだが、驚いたことがあった。国の借金700兆を踏まえて、消費税の引き上げやむなしとの考えの人が5割くらいいたのに唖然とした。何という、物分りのよい人たちなんだと思ってしまう。ゲストの室井佑月さんがこの国のやってきた人たちが責任を取るのが先決だというニュアンスを言っていたが、全くその通りだと思う。小泉首相になって借金は減るどころか、増える一方である。改革の名は良いが、実が伴っていないのだ。いつ、いつまでにどのくらいに借金をどうなるのかを言ってもらいたいものだ。景気が良くならないと税収も増えないことはわかっているが。
 何しろ、80兆の予算で税収が40兆であるから、普通破産してもおかしくない。700兆が少なくなることはないようだ。たぶん増え続けていく。税収を増やすために、これからどんどんとあらゆる税金が上がってくる。いつも思うのだが、誰がこんな風、こんな国にしたのだろうか、誰に責任があるのか、官僚か、政治家か、国民か。
 消費税は、金持ちから貧乏人から一律に取れるから税の公平だと言う人もいるが、どんなものだろうか。食料品など日常品など考えものである。
 それにしても、皆なんでそんなに物分りがいいのだろうか。 
| - | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |

突然のメールですいません。素朴に疑問を感じましたもので。
直助さんのコメントについてですが、個人でその負債を返済させるのはほぼ不可能なのでは?また、個人が特定できるものでもありそうに思えませんが。そうであれば、消費税の引き上げはいたしかたないのではありませんか。それしかやりようがないのでは??けっして物分りがいい訳のみではないと思いますが。それとそれでは、直助さんはどのように責任の所在を求め、片付けるのですか?個人攻撃しているのではありませんがどのようにしたいのかが分かりません。
こうしてる間にも負債は増え続けているのですよ。
| 南行法師 | 2006/03/14 12:20 PM |

南行法師さんへ
<個人でその負債を返済させるのはほぼ不可能なのでは?>という意味がわかりません。

借金、それに誰が責任を持つかは、最後は国民でしょうが、今まで経過を把握しなければなりません。すると当然に国の借金ですから、政治家、官僚、公務員の責任があるのでは、政治家こそが反省することが肝要ではと思っています。
国民が納得するには、代議士数を減するとか、代議士手当てを半分にするとか、何か政治家も借金を減らす努力を見せて欲しいものです。
| 直助 | 2006/03/16 12:49 AM |










http://nisiogi2006.jugem.jp/trackback/4
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ